南部鉄器を製造販売する及源鋳造株式会社

鉄鍋のお手入れ方法

新品鉄鍋の使い始め

新品の鉄鍋は表面に油膜がありませんので、一度下記手順で『鍋ならし』をすることで、焦げ付きにくくなります。

鉄鍋STEP1

洗剤を使わずに温水で軽くすすぎ、水気をふく。
※水気をふくならキッチンペーパー等ではなくクロス(布)がおすすめ

▼
鉄鍋STEP2

強火にかけて水気を除去。
次第に水が蒸発し鍋肌が乾くので、乾いたらすぐ加熱を止める。

▼
鉄鍋STEP3

鍋に大さじ1程度の食油(オリーブオイル等)を入れ点火し、野菜の切れ端等
をしんなりするまで炒める。※油を入れるのは点火前!
鍋肌全体にまんべんなく油をなじませたら野菜くずを捨てる。

▼
鉄鍋STEP4

洗剤を使わずにタワシで洗う。(なじんだ油が落ちてしまうため)
※亀の子タワシやナイロンブラシをおすすめしています 

▼
鉄鍋STEP5

火にかけて水気を除去し火を止める。
(鍋肌が乾いていくのが見える。鍋の大きさで違ってくるがおよそ30秒程度)
※これで調理開始の準備ができました。
※フタは温水で洗って水気をふきとる程度で十分です。

鉄鍋をサビさせずに使うために

※内側ホーロー仕上げ鍋の以外の鉄鍋のお手入れ方法となります。>内側ホーロー仕上げ鍋のお手入れ方法はこちら

洗剤やクレンザーを使わない

鍋肌の油分がなくなるとサビやすく、こびり付きやすくなります。

温水を使い、亀の子タワシなどで洗う

スチールタワシは傷が付くので厳禁。


空炊きは30秒程度

空炊きしすぎると鍋肌が痛みサビやすくなります。

料理をいれたまま濡れたまま放置しない

水分や塩分でサビやすくなります。


食事後すみやかに鍋を洗ってかわかす

食事後最初に鉄鍋を洗うことを習慣に。冷めきってしまうと水分や塩分でとサビやすくなります。

できるだけ頻繁に使用する


毎日使うことでサビにくく、より使いやすくなるのが鉄鍋の特性でもあります。

鍋肌が乾いていたら油分補給

植物性のオイル(オリーブオイル等)を塗る。揚げ物をするのも有効です。

保管は風通しのいいところに

シンク下等は湿気が多いので避けましょう。

赤い点々がでたら、上記の「鉄鍋ならし」の4→5→3

【4:タワシで洗って】→【5:乾かし】→【3:野菜の切れ端を炒めて油をなじませる】を点々が消えるまで数回繰り返してください。

鉄蓋のお手入れ方法

調理後すみやかに洗ってかわかす

蓋が温かいうちに温水で洗うと水気をふ
いただけで乾いていきます。

その他の取り扱い上の注意

調理すると食材が黒ずむことがある


食材に含まれるタンニンやフラボノイド系色素と鉄分が反応して黒くなることがあります。自然界で起こる化学変化ですので、健康に害はありません。

空炊きをしすぎたらそのまま冷めるのを待つ


水をかける等で鍋を急冷すると強い水蒸気が上り火傷の危険があり、鍋が割れる場合もありますので、そのまま冷めるのを待ってください。

加熱中は素手で触らない



加熱中は鍋が大変熱くなりますので素手では触らず、必ずミトン等の鍋つかみをご使用ください。フタや取っ手も熱くなるのでご注意ください。

調理中は鍋のそばを離れない。

鍋から離れる際は火を消してから離れましょう。

縁まで水等を満たした状態で使用しない。

満水状態で使用すると吹きこぼれやすくなりますので、縁から8分目くらいまでの水位以内で使用してください。

鍋本体をコンロにのせる際、ガタツキがないようにのせる。

ガスコンロで使用する際は、鍋をコンロの中央部にしっかりと乗せガタつきが無い状態で使用する様にしてください。

乱暴に落としたりしない

過度の衝撃を加えると割れる場合がありますのでご注意ください。

用途以外に使用しない

鉄鍋は調理器具ですので、用途以外の使用は避けましょう。

  • 南部鉄器OIGENの鉄鍋お手入れ方法
  • 南部鉄器OIGENの内側ホーロー仕上げお手入れ方法
  • 南部鉄器OIGENの鉄瓶お手入れ方法
  • 南部鉄器OIGENの鉄急須お手入れ方法

お問い合わせ

※各種「お手入れ方法」や「FAQ」をご覧いただいても解決方法がわからない場合はメールでお問合せください。

お問い合わせの際、画像なども添付頂けるとスムーズなお答が可能です。

ただし及源鋳造株式会社のホームページと直売所からお買い上げ頂いた方に限らせて頂きますことをご了承ください。

他社様のホームページや販売店からお買い求めの場合は、その販売ページ・販売店様へまず最初にお尋ね頂きますようお願い申し上げます。

Webページからご購入のお客様には、元祖【株式会社亀の子束子西尾商店】さんのミニタワシをプレゼントしている製品もあります。
鉄鍋を洗う時等にご利用下さい。

キッチン用のナイロンブラシでも鉄鍋を洗って大丈夫です。

鉄器の水気をとるのにおすすめです。
水分の吸収がいいのと繊維がケバ立たないので引っかかりにくく、鍋や鉄瓶・急須などの水気もサッとひとふきできます。