タミパン

タミパンシリーズ

優しい味わいと
ぬくもりはそのままに
生まれ変わった
「タミさんのパン焼器」

タミパン

時代と
共に歩んだ
パン焼器

タミさん

終戦直後、
子供たちのために
ジュラルミン製パン焼器で
パンを焼いたタミさん。

それから
50

タミパン

南部鉄器でパン焼器が復刻されました。
今度は曾孫たちのためにパンを焼きました。
そしてタミさんが100歳を迎えた記念にパン焼器は、
いろいろな熱源で使いやすい形に生まれ変わりました。

1940年代のュラルミン製パン焼器

1940年代ジュラルミン製パン焼器終戦直後タミさんが
使っていたパン焼器

1990年代のタミさんのパン焼器

1990年代タミさんのパン焼器南部鉄器で復刻された
パン焼器

2015年のタミパンクラシック

2015タミパンクラシックタミさん100歳の記念に
作られたパン焼器

母の愛は世代を超えて

宮城県石巻市在住のタミさんこと近江タミ子さんは現・5代目久仁子のおばあちゃんです。2015年に100歳を迎えました。終戦直後、露店でたまたま見つけたジュラルミン製のパン焼器。食糧難だった時代、3人の子供達にパンを焼いて喜ばせたい・・そんな想いで手にしたパン焼器は、やがて多くの人を笑顔にするのです。このパン焼器には世代を超えて伝えたいタミさんの母としての愛とぬくもりがたっぷり詰まっています。

タミパン

戦時中、30歳頃のタミさんと3人の子供たち

なつかしのほんわかパンケーキ

なつかしの
ほんわか
パンケーキ

タミパン

タミパン

タミパンクラシック
1台分の材料

卵/1個
砂糖/60g
塩/ひとつまみ
牛乳/100cc
小麦粉/150g
ベーキングパウダー/小さじ1
バター/適量

タミパン

  • 1  ボウルに卵・砂糖を入れ、よく混ぜ合わせる。
  • 2  塩・牛乳を 1 に加え、混ぜ合わせる。
  • 3  あらかじめ小麦粉とベーキングパウダーを混ぜ合わせ 2 のボウルに入れ、さっくりと混ぜる。
  • 4  鍋本体・蓋の内側全体にバターをしっかり塗る。
  • 5  鍋に生地を流し入れ蓋をして、とろ火で20分、竹串をさして生地がついてこなければ火からおろす。
  • 6  蓋をしたまま、ひっくり返してパンを取り出す。

タミパンクラシック

タミパンクラシック

8,640円

商品詳細ページへ

タミさんのパン焼器

タミさんのパン焼器

7,560円

商品詳細ページへ

タミさんのたい焼器 9cm

タミさんのたい焼器 9cm

6,480円

商品詳細ページへ

関連記事

タミパンヒストリー(1)タミさんが子どもたちを育てた時代

たのしむをつづる

タミパンヒストリー(1)タミさんが子どもたちを育てた時代

愉しむをたのしむ

タミパンヒストリー(2)母の愛は時代を越えて 〈タミさんのパン焼器〉誕生ものがたり

たのしむをつづる

タミパンヒストリー(2)母の愛は時代を越えて 〈タミさんのパン焼器〉誕生ものがたり

愉しむをたのしむ

お手入れ方法

お手入れ方法

鉄鍋

お手入れ方法

お問い合わせ

お問い合わせ

シェフ・レストランの方

お問い合わせ