鉄瓶 丸南部アラレ 1.8L

伝統技法による職人手作りの焼型鉄瓶です。型作りから文様押し、仕上げまでの工程を一人の職人が丁寧に手掛けています。同じデザインでも風合いがそれぞれ異なる一点物。作り手は、職人歴およそ20年の鉄瓶職人「及川光正(齊峰)」。伝統文様であるアラレを施し、南部鉄瓶ならではの重厚感と存在感を放つ鉄瓶です。丁寧に作られた鉄瓶で、丁寧な暮らしをお愉しみください。

  • 内部素焼き後漆塗り
鉄瓶 丸南部アラレ 1.8L
鉄瓶 丸南部アラレ 1.8L
鉄瓶 丸南部アラレ 1.8L
鉄瓶 丸南部アラレ 1.8L

49,500円 円(税込)

> <

支払方法
支払方法について 詳細

※税抜合計価格10,000円以上で送料無料。
配送・送料について 詳細

ギフト包装

オンラインショップではギフト包装を承っております。 ギフト包装を希望される場合には熨斗(のし)を付けることができます。ご購入(カートに入れる)の後にご指定ください。 ※ギフト代金220円(税込)がかかります。
オリジナル ギフトラッピング詳細

  • 対応熱源
  • 型番
  • H-039-M
  • サイズ
  • W204xD170xH225mm / 底径118mm
  • 重量
  • 1.9kg
  • 容量
  • 1.8L
  • 材質
  • 鋳鉄

※鋳造の性質上、サイズ・重量に多少の個体差があります。
※電子レンジでのご使用はできません。
※対応熱源・サイズ表記の詳細についてはこちら≫

鉄瓶 丸南部アラレ 中 1.8L1

家庭用ガスコンロでの使用イメージです。 昔ながらの伝統的な製法で作られており、IH調理器には非対応の鉄瓶です。直火のみでご使用ください。

鉄瓶 丸南部アラレ 中 1.8L2

満水容量の約8分目を目安に水を入れてください(1.5ℓ程)。加熱直後は、ツルが非常に熱くなりますので鍋つかみなどをご使用ください。

鉄瓶 丸南部アラレ 中 1.8L3

本体、注ぎ口付近には鉄瓶を手掛けた職人の名「齊峰」が印字されています
鉄瓶内部は、南部鉄瓶の伝統的な製法である「漆仕上げ」を施しています。※使い始めに漆特有のにおいが出る場合があります。気になる場合は、煎茶などお茶を煮出すことでにおいが落ち着きます。

鉄瓶 丸南部アラレ 中 1.8L4

鉄蓋のつまみには、胡麻の実があしらわれています。南部鉄瓶らしい重厚感に柔らかい印象を与えます。

鉄瓶 丸南部アラレ 中 1.8L5

経済産業大臣の指定を受けた伝統的工芸品に使用される「伝統マーク」タグが付いています。

鉄瓶 丸南部アラレ 中 1.8L6

鉄瓶 丸南部アラレを手掛ける職人「及川光正」
職人歴 約20年で、南部鉄瓶の伝統文様であるアラレを施し、全体的に重厚感のある丸南部アラレを代表作としています。

鉄瓶 平丸正形桜

なし

鉄瓶 平丸正形桜

35,200

鉄瓶

鉄瓶 Vアラレ

なし

鉄瓶 Vアラレ

38,500

鉄瓶

鉄瓶 丸形みみずく 1.25L

なし

鉄瓶 丸形みみずく 1.25L

29,700

鉄瓶

鉄瓶 桜吹雪 1.4L

なし

鉄瓶 桜吹雪 1.4L

55,000

鉄瓶

鉄瓶 竜文型 1.7L

なし

鉄瓶 竜文型 1.7L

82,500

鉄瓶

鉄瓶平形糸目0.9L

なし

鉄瓶平形糸目0.9L

12,100

鉄瓶

鉄瓶八千草1.2L (IH対応)L

なし

鉄瓶八千草1.2L (IH対応)

16,500

鉄瓶

鉄瓶東雲亀甲1L (IH対応)

なし

鉄瓶東雲亀甲1L (IH対応)

13,200

鉄瓶

鉄瓶観月アラレ1.85L (IH対応)

なし

鉄瓶観月アラレ1.85L (IH対応)

19,800

鉄瓶

鉄瓶観月アラレ1.2L

なし

鉄瓶観月アラレ1.2L

16,500

鉄瓶

鉄瓶まろみアラレ1L

なし

鉄瓶まろみアラレ1L

13,200

鉄瓶

関連記事

鉄瓶白湯

鉄瓶で白湯を

鉄瓶で愉しむ白湯のすすめ

レシピ

鉄瓶と鉄急須

鉄瓶と鉄急須

南部鉄瓶と鉄急須の違い

Q&A・鉄器入門

南部鉄瓶「びわ」と「つづみ」

びわとつづみ

南部鉄瓶「びわ」と「つづみ」

鉄器のふかぼり

鉄瓶の使い始め

鉄瓶の使い始めについて

鉄瓶のお手入れ:使い始め

Q&A・鉄器入門

鉄瓶のよくある質問

鉄瓶のよくある質問

鉄瓶のよくある質問

Q&A・鉄器入門

及源品質

及源品質について

こだわりの及源品質とは

及源について

公式な販売サイト

公式・非公式な販売サイトについて

「公式サイト」と「そうじゃないサイト」について

及源鋳造のものづくり

ものづくり/歴史

 及源MOVIE

OIGENものづくりムービー

及源について ものづくり/歴史